平成29年度 住友別子病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 80 136 215 393 634 1,440 2,052 1,507 300
平成29年度の退院患者数を年齢階級別(10歳刻み)に集計したものです。
年齢は、入院時点の年齢を基準に集計しています。
一年間の退院患者数は、6,769人で昨年よりも280名の増加となり、平均年齢は68.80歳でした。
増加の一番の要因は、新病院となっての稼動があげられます。
昨年と同様に、最も多い年齢層は70歳代となっています。
また、50歳代以上の患者さんが、昨年よりも増えてきており、全体の85%以上と多くを占めています。
高齢の患者が多くを占めるのは、県内でもトップクラスの白内障の手術件数が影響しています。
最近では、転倒による骨折が増加していることからも、地域の高齢化が進んでいるといえます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 129 5.16 4.62 0.00 71.91
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 124 3.51 3.03 0.00 70.15
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 93 12.03 12.23 1.08 72.03
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 91 11.85 10.61 0.00 75.33
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 18.30 17.71 6.56 84.18
内科では、循環器に関する症例が上位の3つをしめています。
循環器病センター発足後、救急車によるホットラインの運用を開始し、速やかに対応ができる体制をとっています。
すべての症例で、平均年齢が70歳を超えており、昨年よりも患者の高齢化が進んでいます。
最も多い症例は、心臓カテーテルで手術を行う治療で、2番目は心臓カテーテル検査です。
全国平均とほぼ変わらない在院日数となっており、転院も少なく、治療後の経過が順調であるといえます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 42 8.71 6.64 0.00 59.52 腹腔鏡下胆嚢摘出術パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 29 11.00 4.49 0.00 61.90
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 20.15 15.61 0.00 70.96 腹腔鏡下結腸切除術パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 7.23 7.40 0.00 60.50 腹腔鏡下胆嚢摘出術パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 10.75 8.98 0.00 70.15
外科では、結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍の手術を行う症例が3位に入っています。
医師をはじめ、スタッフ等の受け入れ体制が整ってきていることがうかがえます。
腹腔鏡を使った手術の件数も、昨年より増加しています。
さらに、当院では平成30年秋より、腹腔鏡の進化版である“ダビンチ直腸癌手術”を導入します。
腹腔鏡よりさらに精緻な手術で、治療成績の向上を目指します。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 62.07 27.09 10.00 85.09
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 39 40.64 19.94 2.56 77.85
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 25 37.48 22.44 0.00 82.92
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 23 35.96 11.41 0.00 38.04
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 21 7.24 5.21 4.76 68.10
大腿骨骨折による手術の症例が群を抜いて多くなっており、昨年よりも増加しています。
転倒による骨折が原因となる症例が多くなっています。
平均年齢も85歳を超えており、一層の高齢化が進んでいるといえます。
圧迫骨折などの脊椎に関する症例も多く、平均年齢が高く、転倒や骨粗鬆症が要因となっています。
スポーツ傷害等を含む、肘、膝の外傷も、昨年に比べて大幅に増加しています。
当院では回復期リハビリテーション病棟でのリハビリを行っているため、転院が少なく、在院日数は長期になります。
早期にリハビリを開始し、患者さんが安心して自宅退院できるように取り組んでいます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 33 2.09 3.29 0.00 66.36
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.32 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.50 - -
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 10.68 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.60 - -
形成外科では、眼瞼や鼻骨などの顔面に関する手術の症例が、昨年よりも増加しています。
繊細な場所であり、細やかな技術を要する手術ため、紹介等の患者さんも増加しています。
事故や外部の怪我による損傷が多くなっているため、平均年齢は、全体的に下がっています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 31.31 16.38 7.69 73.10
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 80.23 19.10 9.09 65.95
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 5.00 6.32 4.76 62.81
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 13.30 7.34 5.00 71.95
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 17 26.41 16.51 5.88 74.71
脳神経外科では、平均在院日数が、全国平均より長期化しています。
転院率も低いのは、回復期リハビリテーション病棟での治療を早期に開始して、自宅退院が多くなっているためです。
昨年に比べて平均年齢も少し上がっており、頭蓋内出血や脳梗塞の症例が増えています。
脳神経外科では、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷などの中枢神経疾患に対する治療を行っています。
なかでも、脳卒中や頭部外傷などの救急疾患に対しては、できるだけ迅速に診療を行えるよう体制を整えています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 30 10.87 10.27 0.00 41.63
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 28 7.86 4.98 0.00 63.86
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 副傷病なし 19 5.21 4.63 0.00 54.16
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 19 11.37 9.91 0.00 45.84
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 18 13.11 12.94 0.00 54.67
産婦人科では、昨年より全体に患者数が増加しているのは、入院病床数を増床した影響が現れています。
1位の卵巣の良性腫瘍卵巣部分切除術は、昨年の2倍の症例数に増加しています。
癌の術後の治療も、紹介患者等により少しずつ増加しています。
在院日数については、昨年に比べて少し減少しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 79 14.06 10.21 0.00 58.86
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 53 7.70 7.31 0.00 69.79
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 44 7.20 6.63 0.00 69.91 硝子体手術パス
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 36 9.72 7.96 0.00 62.75
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 29 12.72 8.51 0.00 73.90
眼科では、白内障の症例に関する水晶体再建術の件数が963件と、県内でも群を抜いて実施されています。
症例の多くが短期滞在手術となりDPC対象外のため、患者数には表れていません。
そのため、網膜剥離の症例数が最多となっています。
緊急の処置が必要な場合も多く、それに対応できる専門性の高い治療に取り組んでいます。
平均年齢は、昨年より少し高くなる傾向がうかがえます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 132 9.94 5.15 0.00 69.73
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 5.09 5.48 0.00 49.47
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 9.72 7.23 0.00 54.93
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 26 9.85 8.01 0.00 29.08 扁桃腺摘出術パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 20 10.45 9.18 0.00 64.75
耳鼻咽喉科では、めまいを含む前庭機能障害が、昨年より2割以上増加しています。
経過をみながら治療を行っていくため、平均在院日数は、全国平均よりも長くなっています。
症例数も、紹介患者が多くなったことで、増加傾向にあります。
救急搬送も多く、急なめまいに対する受け入れにも対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 63 6.75 7.31 1.59 74.02
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 48 9.13 12.34 6.25 71.65
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 4.95 8.50 2.27 70.43
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 38 5.39 5.75 0.00 61.82
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 20 9.55 9.73 0.00 68.95
泌尿器科は、外科的疾患・内科的疾患を含む専門領域であり、ガイドラインに沿って治療をおこなっています。
そのため、平均在院日数は、全国平均よりも短くなっており、積極的に高度な技術を行っていることがわかります。
さらに、当院では平成30年秋より、内視鏡手術用支援機器“ダビンチ”を導入します。
腎、膀胱、前立腺の癌を対象とする手術での使用を計画しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 15 14 30 - 29 1 7
大腸癌 17 22 22 25 - 51 1 7
乳癌 30 35 12 - - 37 1 7
肺癌 14 - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 80 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の患者数を、初発及び再発の分類で集計したものです。
初発については、進行度によりⅠ期からⅣ期の4病期(ステージ)に分類しています。
当院は、質の高い癌治療を提供することができるように指定されている地域がん診療連携拠点病院(県内6施設)となっています。
平成28年10月よりPET-CTを導入し、高度ながん診療ができるよう医療機器の充実を図っております。
緩和ケアも行っており、チーム医療にも力を入れて取り組み、患者さんのサポートにあたっています。
初発での病期分類が重いステージが昨年より多くなっており、早期発見への取り組みが課題です。
再発の患者数も大腸癌、乳癌で増加傾向になっています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 20 10.65 60.05
中等症 66 17.62 78.76
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活の中で感染した肺炎の事です。
成人市中肺炎の重症度は、A-DROPスコアを使用し4段階で分類しています。
A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration):BUN 21mg/dL以上または脱水あり
R(Respiration):SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
O(Orientation):意識障害あり
P(Pressure):収縮期血圧90mmHg以下
上記の項目ごとに一定基準に該当すると1点を加算し、5点満点で構成される肺炎の重症度分類です。
0点が軽症、1~2点が中等度、3点が重症、4~5点が超重症となります。
昨年よりも、軽症は1.6倍、中等症は1.3倍を超える患者数に増加しています。
肺炎にかかる年齢も軽症が増加しており、これからの高齢化に対応すべく、注意していかなくてはならない項目です。
肺炎にかかる患者数の増加にも合わせて注意していく必要があります。
患者数が10未満の場合には「-」としています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 117 34.50 76.56 12.08
その他 32 37.28 78.03 0.67
昨年と比較して、脳梗塞患者数は微増しています。
平均年齢が少し高くなる傾向が出ています。
平均在院日数は30日を超える長期となっていますが、併設している回復期リハビリテーション病棟において、急性期の治療に続いて、 自宅退院にむけたリハビリテーションを行っており、脳梗塞によって低下したADL(日常生活動作)を高めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 262 0.25 1.22 0.00 66.61
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 111 1.41 3.01 0.00 71.66
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 65 1.38 17.34 0.00 76.46
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 48 3.60 16.69 0.08 74.27
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 29 0.03 16.59 0.03 69.34
内視鏡下の大腸のポリープ(2㎝未満)などを切除する手術が昨年と同様に1番目になり、患者数も少し増加しています。
2番目と5番目には経皮的冠動脈ステント留置術(その他)と(急性心筋梗塞に対するもの)が占め、 循環器センターの救急体制の機能が働いている結果だといえます。
3番目の血管塞栓術も循環器病センターで取り組んでいます。
早期発見し、迅速な治療が行われているため、術前の日数が短くなっています。    
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 73 1.30 6.32 0.00 61.48 腹腔鏡下胆嚢摘出術パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 45 1.04 4.98 0.00 65.47 鼠径ヘルニア手術
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 4.03 13.52 0.00 70.24 腹腔鏡下結腸切除術パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 20 4.20 12.10 0.00 63.50
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 18 2.00 15.94 0.00 67.39
腹腔鏡による内視鏡手術にも力を入れています。
術後の日数も短くなっており、患者さんへの負担が軽減されています。
腹腔鏡での手術は、胆嚢摘出が最も多く、昨年と比較しても増加しています。
結腸の悪性腫瘍切除も多くなっています。
術後の日数が短くなっていることは、経過が良好であるといえます。    
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 53 2.60 53.23 0.09 84.04
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 32 1.47 15.03 0.06 58.41
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 28 2.82 48.86 0.00 71.46
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 26 7.77 61.00 0.08 84.69
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 21 0.76 4.24 0.00 56.76
整形外科の手術件数は、全ての項目で昨年より増加しています。
転倒が原因となる骨折が、目に見えて増えています。
高齢者の転倒は、大腿骨の骨折、前腕の骨折などが増加しています。
人工関節置換手術は、膝と股関節が多くなっています。
手術対象の紹介患者さんも多く、地域連携が上手く機能しています。    
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 31 0.00 1.10 0.00 67.52
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 - - - - -
K0134 分層植皮術 200平方センチメートル以上 - - - - -
K0081 腋臭症手術 皮弁法 - - - - -
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
眼瞼下垂症手術の件数が増加し、術前日数も短くなっています。
熱傷や褥瘡により、皮膚移植の患者が増えています。
繊細な手術も多く、高い技術が必要になります。
乳房再建術など、他科の手術にも形成外科が貢献しています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。    
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 1.81 15.38 0.06 84.06
K386 気管切開術 - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術の症例の平均年齢が、昨年と比べて10歳も高くなり、高齢化が進んでいます。
脳卒中や頭部外傷などの救急疾患に対しては、できるだけ24時間体制で診療を行えるように体制を整えています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。    
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 36 2.08 9.06 0.00 52.64
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 25 1.40 8.24 0.00 35.32
K867 子宮頸部(腟部)切除術 13 0.92 1.00 0.00 37.54
K879 子宮悪性腫瘍手術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
産婦人科では、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの摘出術が多くなっています。
平均年齢は高くなく、若い年代が多くなっています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。    
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 963 0.04 2.02 0.00 74.43 白内障手術パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 223 0.70 9.50 0.00 67.30 硝子体手術パス
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 72 0.63 6.19 0.00 70.54 硝子体手術パス
K281 増殖性硝子体網膜症手術 29 1.62 9.07 0.00 61.97
K2683 緑内障手術 濾過手術 21 0.48 15.00 0.00 75.38
東予地区の中核病院として、紹介患者の受け入れや救急患者にも対応しています。
特に、白内障に関しての症例は県内でもトップクラスの手術件数となっています。
また、白内障だけでなく、網膜硝子体手術や、緑内障の手術も行っています。
術前、術後日数も短くなっています。    
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 26 1.00 7.73 0.00 30.23 扁桃腺摘出術パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 22 1.23 7.14 0.00 46.86
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 15 1.07 4.00 0.00 57.40
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術II型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
K340-3 内視鏡下鼻・副鼻腔手術I型(副鼻腔自然口開窓術) - - - - -
小児から高齢者まで、手術を含めた対応を行っています。
扁桃腺の摘出術が昨年と比較すると増えており、1番目になっています。
内視鏡を使った副鼻腔の手術も、Ⅲ型、Ⅱ型、Ⅰ型と行っています。
Ⅲ型の手術が多く行われており、技術の高さが必要となります。
他科と比べると平均年齢が低くなっています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。    
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 43 0.33 1.84 0.02 69.93
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 38 0.61 3.97 0.00 63.39
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 36 0.94 11.31 0.17 71.92
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 36 2.00 8.14 0.00 76.67
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 31 0.19 5.13 0.03 72.42
シャント造設術の患者数は増加し、平均年齢は低くなっています。
透析に関係した患者が低年齢化し多くなっている傾向が読み取れます。
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)の電解溶液利用は減っていますが、 (その他)の項目が増え、膀胱悪性腫瘍に対する手術は増加しています。    
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 14 0.21
異なる 10 0.15
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 52 0.77
異なる - -
「手術・処置等の合併症」とは、傷病名の診断群分類がこれに該当することを示し、実際に当院で術後合併症が起きた症例数とは異なります。
これに該当する当院の症例は、透析シャント閉塞、眼内レンズ脱臼などです。
手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
患者数が10未満の場合には「-」としています。
更新履歴
2018.9.28
公開