住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科のご案内
診察内容

    当院では泌尿器科全般にわたる疾患に対処します。現在、臨床経験17年以上の泌尿器科指導医3名と後期研修医1名が担当しております。 積極的に最新の治療を取り入れ、患者さんに優しい医療が行えるよう、心がけています。 また病状をわかりやすく説明し、治療の必要性・安全性を理解して頂くよう努めています。

1.腎細胞癌、腎盂尿管癌に関して、低侵襲な腹腔鏡手術を行っています。

2.前立腺癌においては患者さんの年齢・病期を考慮した幅広い選択(手術・放射線療法・ホルモン療法)を行います。 2018年6月にロボット手術のda vinci(ダビンチ)を導入し、2018年9月より開始しています。

3.尿路上皮癌に関しては、患者さんの生活の質を考慮したうえで手術・放射線・化学療法を集学的に行います。 尿路変更術としては回腸利用新膀胱造設、回腸導管または尿管皮膚瘻を適宜選択して行います。

4.尿路結石の手術は、低侵襲手術を原則としています。 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)、内視鏡手術として経尿道的尿路結石砕石術(TUL)、経皮的尿路結石破砕術(PNL)を行っています。 軟性ファイバーを用いて、従来の方法では難しい場所にある結石を経尿道的に砕石する手術(f-TUL)にも取り組んでいます。

5.男性の排尿障害については薬物治療無効症例には経尿道的前立腺切除術を行います。 女性の腹圧性尿失禁に対しては薬物療法が無効であった場合はメッシュテープを用いたTVT手術を、 また骨盤臓器脱に対し TVM 手術または腹腔鏡下手術を行います。


ロボット手術のda vinci(ダビンチ)




実臨床にむけてのシミュレーション風景 多職種の協力で成り立ちます




【 2015−2018年 診療実績 】
全手術件数 1829件 腹腔鏡手術件数 129件 ロボット手術 10件
根治的腎摘除術 27件 膀胱部分切除術 4件 副腎摘除術 1件
腎部分切除 11件 尿路変更術 17件 前立腺生検 374件
腎尿管全摘除術 26件 TUR-P 78件 ESWL 211件
根治的前立腺全摘除術 59件 TUR-BT 267件 ブラッドアクセス 261件
膀胱全摘除術 14件 TUL 144件 CAPD 9件

※2013年よりf-TUL開始          2018年9月よりロボット支援下前立腺全摘術開始
 2014年より腹腔鏡下前立腺全摘術開始   2019年3月よりロボット支援下腎部分切除術開始
 2015年より腹腔鏡下膀胱全摘術開始    2019年4月よりロボット支援下膀胱摘術開始


外来のご案内

診察表はこちらをご覧ください。


泌尿器科からのお知らせ

※ 手術のため受付時間が変更となる場合がございます。あらかじめ電話でお問い合わせください。


医師紹介
桑野 晴美
柳垣 孝広
篠森 健介
堀井 聡
山川 真季


このページのトップへもどる