住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



求人情報(研修医)

HOME > 求人情報(研修医)

求人情報(研修医)

初期臨床研修医
研修理念

 臨床研修は、医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、 医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、 基本的な診療能力を身に付ける。


研修医メッセージ

初期研修医2年目 盛田興輔

初期研修医2年目の盛田興輔と申します。私が当院を研修先に選んだ理由は研修医の主体性を尊重する病院であると感じたからです。 動脈穿刺、CVC、基本的な外科手技など数多くの手技を経験することはもとより、 指導医の先生方に確かなフィードバックをしていただくことにより、反復することの重要性を学ぶ機会にも恵まれています。 また、各科の垣根が低いことにより、一つの考え方にとらわれず非常に多面的な思考過程を養うこともできます。 当直では研修医がファーストタッチを行うことで、診断能力を鍛え上げ、primary careを日々修練することができます。 また、毎週の研修医が救急や当直で経験した症例を発表する症例検討会においては、 自分の思考過程や実際に行った初期対応を上級医の先生方に意見していただくことで反省点などを振り返り、 次回からの診療に活かすことにつながっています。
今後は研修医自らが発案し、自分たちのスキルアップを目標とした様々な活動にたくさん取り組んでいくつもりです。 研修病院を選ぶ上で重きを置くことは各々異なると思います。どの病院で研修するかももちろん大事なことだとは思いますが、 いかにそこで努力するかが最も重要だと思います。
百聞は一見に如かずだと思うので、少しでも興味のある方は是非気楽に見学にきてください!




初期研修医2年目 岸田牧子

初期研修医2年目の岸田牧子と申します。大学での病院説明会にて当院を知り、見学後にこの病院にしようと決めました。 研修医は比較的少ないため、スタッフにも名前を覚えてもらいやすく、血管穿刺など手技の機会も多く与えてもらっていると確信しています。
基本的な面で分からないこともまだまだ多く、悩むことも日々あります。 ですが上級医の先生や看護師の方々などに尋ねやすく、毎日助けていただいております。 分からないことが尽きない初期研修を行う病院として、非常に働きやすい環境だと実感しております。 当院は診療科がすべて揃っているわけでは無いため他院へ紹介させていただくこともありますが、 いわゆるcommon diseaseと呼ばれる疾患を見る機会は十分にあり、他院での研修プログラムもしっかりと組むことができます。
また当院の大きな魅力の1つとして、DSAやIVR治療、ロボット手術など高度医療機器を備えていることが挙げられます。 日々の診療から高度医療まで、広く学びたい人にはとても魅力的な病院ではないでしょうか。
新居浜市はあまり都会とは言える地域ではありませんが、穏やかで生活しやすい地域です。 興味がわいた学生さんは一度見学に来られてみてはいかがでしょうか。




初期研修医2年目 石田喬士朗

初期研修医2年目の石田喬士朗と申します。当院には研修医が1年目が3人、2年目が3人の計6人います。 基本的に1つの科を回る研修医は1人なのでマンツーマンで指導をしてもらえます。 はじめのうちは少し不安もあると思いますが、基本的な医師の仕事は「動脈穿刺してみる?」 「入院患者さんの薬お願いね」等と経験させてもらえ、うまくできなかった時、分からなかった時はすぐにフォローしていただけるので安心です。 当直も月に4回あり、指導医の先生1人と研修医1人で入ることになります。 通常の業務と同様しっかりフォローをしていただけますし、徐々に基本的なことは任されるようになるので非常にやりがいがあります。
研修医になったばかりの時はいくら国家試験で勉強したとはいえ、あまり自信もすぐ病棟で使える知識もなく不安でしたが、 指導していただける先生方のおかげでとにかく研修医としての経験値をどんどん積んでいけます。 まだまだ成長途中ですが前にできなかったことができるようになった!という成長を喜ぶことが多いですね。




初期研修医1年目 藤原雅治

初期研修医1年目の藤原雅治と申します。病院の合同説明会で当院を知り、見学後にこの病院で研修をしようと決めました。 研修医の人数が少ないため、CVポートや動脈穿刺、外科手技など、様々な手技を行える機会に恵まれており、実践して学ぶことができます。 まだまだ分からないことばかりで悩むこともありますが、上級医の先生方をはじめ、他の医療スタッフの方々がしっかりフォローして下さります。 そういった意味では安心して研修ができる環境であると感じています。 週1回の当直ではcommon diseaseをはじめ、幅広い疾患を経験することができ、研修医がファーストタッチを行うため、 基本的な診断能力や初期対応能力を身につけることができます。
当院は、2016年に建て替えが終わったばかりのため、病棟が新しく、DSAやダビンチといった高度医療設備も備わっています。 新居浜市は日々生活をする上で不自由はなく、総合的に見て研修環境として魅力的な病院だと思います。 この辺りの地域に馴染みがない方でも、興味がある学生さんはぜひ一度見学に来られてみてはいかがでしょうか。




初期研修医1年目 玉井優衣

初期研修医1年目の玉井優衣と申します。私が当院を研修先に選んだ理由は地元の病院だったからです。 生まれ育った新居浜市で医師としてのスタートを切ることができてとてもうれしく思います。 研修が始まって数カ月たちますが、たくさんの方々に助けてもらいながら楽しい研修医生活を送っています。 当院は研修医の人数が少数であり、研修医1人1人にしっかり目を配り、個性を尊重して育成していただいています。 また、手技や救急対応などを自ら行う機会が多く確保されており、着実に経験を積むことができます。
診療科間の垣根が低いところも魅力です。日頃から医師同士の仲がよく、違う科の領域に疑問が生じても、気軽に相談させて頂ける環境です。 先輩医師やコメディカルのみなさんの研修医を見守る目が温かく、非常に恵まれた環境で働くことができます。ぜひ一度見学に来てください。




初期研修医1年目 加藤

研修医1年目の加藤と申します。私が当院を研修先に選んだ理由は研修医の教育に関して非常に熱意を感じられたからです。
研修が始まってまだ数か月ですが動脈穿刺やCVカテーテルの挿入などの基本的な手技はもちろんのこと、 我々研修医の希望によってさらに進んだこともさせてもらえたりもします。 先生方も忙しいにもかかわらずしっかりとフォローをしてくださる上に、 フィードバックに時間をきちんと割いてくださいますので手技に関して多くのことを学べると思います。
救急に関しても当院では教育体制が充実しており、最初の一か月のうちは指導医の先生に加え、 研修医2年目の先輩が丁寧に教えてくれます。 その後も指導医の先生がきちんと指導してくださるので安心して研修医としてのスキルを積んでいけます。
当院では毎週火曜日に症例検討会があり、そこでは毎週研修医が当直や救急で経験した症例について発表する機会をいただけます。 自分が何を考えて何の診断を考えたか、どのような処置をなぜ実施したのかを発表し、 先生方に意見していただくことで次の診療においての改善点を見つけていくことができると思います。
当院は診療科が全てそろっているわけではないので、診療科が無い科の患者は他院に紹介していくことになりますが、 common diseaseを診療する機会には恵まれております。もし当院に興味を持ってもらえたらぜひ見学に来ていただけると嬉しいです。




主な研修活動
1.症例検討会
救急や当直にて経験した症例についてスライドを作成し発表することで上級医の先生方から診断や処置についてフィードバックをしていただきます。 月3回、火曜日に行っており、毎回非常に熱い討論が繰り広げられています。

   

2.当直医ノート
毎回の当直にてその日最も学ぶ点が多かった症例について指導医の先生からアドバイスしていただいたこと、 自分でその疾患について調べたことなどをノートにまとめ、研修医の間で共有しています。 他の研修医がどのような症例を診て、そこからどのようなことを学んだかを共有することで研修医全体のスキルアップを目指しています。

   

活動内容は随時更新していきます!


第1回住友STUDYの開催(2020/2/1)

愛媛大学の4、5回生を対象に勉強会を開催しました。 症例検討会、各ブースでのhands on、研修活動紹介を主な内容とした勉強会で4回生7名、 5回生7名の計14名が参加してくれました。



〜症例検討会〜



〜Hands on〜



〜研修活動紹介〜



もちろん勉強会終了後は懇親会も!!



来年の開催も予定しております。興味のある学生は是非参加してください。


第2回住友STUDYの開催(2021/3/13)

第2回住友STUDYを開催しました。今年はコロナウイルスの関係で小規模開催となりましたが愛媛大学の5回生2人、4回生2人の計4名が参加してくれました。  



〜症例検討会〜



〜coffee break〜



〜Hands on〜



〜研修活動紹介〜



第3回の開催も予定しております。興味のある学生は是非参加して下さい。


病院概要と特徴

 当院は、明治16年5月に住友家が経営する別子銅山の従業者を診療する施設として愛媛県で初めて設立を許可された病院で、 平成21年には企業立病院から医療法人へ移行しました。また、地域の中核病院として地域貢献を果たすべく平成28年10月には新病院を開設し、 救急機能の強化および地域がん診療連携拠点病院として医療機能の向上を図っています。
 研修面においては、「研修医のスキルアップを最優先に」をスローガンに、 見学でなく多くの症例を実践することで基本的な知識・技術を修得できる体制を整えており熱意のある指導医が教育を担当しています。



プログラムの特徴
1.要望に沿った柔軟なカリキュラムの設定
 自分の興味のある分野の知識や技術を重点的に習得するため長期間の選択科を選択できる。 後期研修では、希望があれば当院以外の他施設での研修も可能。(全国どこでも相談に応じます!)

2.確実な臨床手技の習得
 症例数に対して研修医の数が少なく、選択科の研修期間を長くできるため、希望する手技(手術・内視鏡・放射線IVR等)を豊富に経験することが可能。
@外科では研修医1名の場合、全てのOPに参加することが可能
A麻酔科と外科のタイアップにより気管内挿管・中心静脈カテーテル挿入手技を行うとともに手術介助
B内科では指導医の下で直接担当医となる
C内科医として必要な手技(腹部エコー、心エコー、内視鏡)を身につけられる
D指導医の下で週1回の救急当直
E内科ローテーションにおいて救急外来、初診外来研修

3.画像診断の特別研修(希望時)
 画像診断装置が充実しており、指導を担当する放射線診断専門医が4名常勤している。 また、院内カンファレンス(外科術前カンファレンス、肝臓カンファレンス、乳癌キャンサーボード、大腸癌キャンサーボードなど)も多い。 そのため、希望に沿った画像診断の修練が可能。

4.研究発表(希望時)
 臨床的な思考過程を訓練する上で研究発表は有用であるとの見地から、希望があれば研究発表に対する指導・支援する体制を整えている。

研修スケジュール

募集要項

参考までにこちら(PDF 1520KB)をご覧ください。

 
募集職種 初期研修医 5名 
応募方法

履歴書、卒業見込証明書、成績証明書

申込先 〒792-8543
愛媛県新居浜市王子町3番1号
医療法人住友別子病院 臨床研修センター 担当:三崎
TEL(0897)37-7113
FAX(0897)37-7121
E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp
選考日

随時

選考方法 書類審査、面接、小論文
尚、医師臨床研修マッチング協議会の行うマッチングシステムに参加する
受付期間 随時
選考場所 住友別子病院
労働条件等年間所定就業日数:245日
年間休日:120日(土・日の他、祝日等の指定された日)
年間所定労働時間:週休2日(1,960時間)
有給休暇 1年目:11日 2年目:16日
その他休暇:生理、産前、産後、忌引、健康管理他
宿日直 4回 / 月程度
1年次:主に見学、状況により上級医師の指導の下で対応
2年目:上級医師の指導またはサポートの下で対応
福利厚生 加入保険等:健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形制度
施設・宿舎:職員宿舎(無料)、職員食堂、体育館、院内保育所
健康管理 定期健康診断実施
希望者には病院負担でB型肝炎ワクチン、インフルエンザワクチン接種
賃 金 ※2019年度条件より
月額給 (1年次) 470,000円
  (2年次) 500,000円
賞 与 (1年次) 600,000円/年
  (2年次) 800,000円/年
年 収 (1年次) 6,800,000円/年(概算・宿日直手当相当含む)
  (2年次) 7,900,000円/年(概算・宿日直手当相当含む)
諸手当等:家族手当、宿日直手当、住宅手当等
退職金:当院退職金規程による
学会等 演題発表あり:回数無制限、参加・旅費支給
演題発表なし:全国、中四国、同門会各1回 / 年は参加・旅費支給
研究室 机、椅子、ロッカー等を完備
医療支援として医学中央雑誌、UpToDate、今日の治療指針が利用可能
その他 医師賠償責任保険加入(団体扱とするが任意での個人加入も可)
奨学金制度あり(在学6年間を限度として貸与。期間中申し込みも可)

病院見学 ・ 臨床実習

病院の雰囲気や研修内容を見ていただけるよう見学の受け入れを行っています。
希望者は、以下の必要事項を記載の上、メールにてお申込みください。
日程調整に時間を要する場合がありますので、見学希望日の2週間前までにお申込みください。
交通費は病院負担(規定による)としており、見学日程により宿泊の手配も行います。
また、臨床実習の受入にも対応しておりますので、ご希望がありましたらご相談ください。

@時間帯
 原則として、平日の8:30〜17:00
A持参品
 白衣、聴診器、筆記用具、大学で使用している名札
B申し込み、問い合わせ先
 医療法人住友別子病院 臨床研修センター 三崎
 E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp




専攻医(内科)

新専門医制度における内科領域の基幹施設として、専攻医を募集しています。


内科専門研修プログラム

プログラム名称   愛媛県東予地域内科専門研修プログラム


プログラムの理念

1) 本プログラムは、愛媛県新居浜・西条医療圏の中心的な急性期病院である住友別子病院を基幹施設として、 愛媛県新居浜・西条医療圏および近隣医療圏にある連携施設とで内科専門研修を経て愛媛県東予地域さらには愛媛県の医療事情を理解し、 地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるように訓練され、基本的臨床能力獲得後は必要に応じた可塑性のある内科専門医として 愛媛県全域を支える内科専門医の育成を行います。



【基幹施設】 住友別子病院
【連携施設】 愛媛大学医学部附属病院、HITO病院、西条中央病院、済生会今治病院


2) 住友別子病院内科専門研修施設群は、技術修得が不可欠な消化器・循環器の分野に特化して内科専門医の資格や 内科専門医に必要な知識を身につけながら専攻医1年目より希望する分野(消化器、循環器、あるいは両方) において技術修得の研修を行います。


3) 初期臨床研修を修了した内科専攻医は、本プログラム専門研修施設群での3年間(基幹施設1年以上+連携施設1年以上)に、 豊富な臨床経験を持つ指導医の適切な指導の下で、内科専門医制度研修カリキュラムに定められた内科領域全般にわたる研修を通じて、 標準的かつ全人的な内科的医療の実践に必要な知識と技能とを修得します。


募集要項
募集人数 3名
応募方法 履歴書、医師免許証(写)、臨床研修修了登録証(写)あるいは修了見込証明書
申込先 〒792-8543
愛媛県新居浜市王子町3番1号
医療法人住友別子病院 臨床研修センター 担当:三崎
TEL(0897)37-7111
FAX(0897)37-7121
E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp
選考日 応募者の予定に合わせて日程調整
二次 : 2020年1月20日(月) 〜 2020年2月4日(火) ※以後、随時
選考方法 面接
応募締切 二次 : 2020年1月10日(金) ※以後、随時
選考場所 住友別子病院
労働条件等 年間所定就業日数:245日
年間休日:120日(土・日の他、祝日等の指定された日)
年間所定労働時間:週休2日(1,960時間)
有給休暇 1年目:11日 2年目:16日
その他休暇:生理、産前、産後、忌引、健康管理他
宿日直 3回 / 月程度
福利厚生 加入保険等:健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形制度
施設・宿舎:社宅、職員食堂、院内保育所(平成29年10月開設予定)、体育館
健康管理 定期健康診断実施
希望者には病院負担でB型肝炎ワクチン、インフルエンザワクチン接種
賃 金 ※2019年度条件より
約1,200万円 / 年(諸手当含)〜
退職金:当院退職金規程による
学会等 演題発表あり:回数無制限、参加・旅費支給
演題発表なし:全国、地方、同門会各1回 / 年は参加・旅費支給
研究室 医局・研究室(2017年6月リニューアル)に机、椅子、ロッカー、共有インターネット端末完備、文献検索は医学中央雑誌と契約、拡大ポスターの作成が可能
その他 医師賠償責任保険加入(団体扱とするが任意での個人加入も可)
病院見学

希望者は、以下の必要事項を記載の上、メールにてお申込みください。
日程調整に時間を要する場合がありますので、見学希望日の2週間前までにお申込みください。
交通費は病院負担(規定による)としており、見学日程により宿泊の手配も行います。

@見学可能時間
 原則として、平日の8:30〜17:00
A持参品
 白衣、聴診器、筆記用具等
B申し込み、問い合わせ先
 医療法人住友別子病院 臨床研修センター 三崎
 E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp




このページのトップへもどる