住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



循環器内科

HOME > 診療科・部門のご紹介 > 循環器内科

循環器内科

循環器病センター(循環器内科)のご案内
診察内容
  • 心臓病、血管病にいつでも対応いたします
  •  私たち住友別子病院循環器センターは、東予地域全体におられる心臓病や血管病でお困りの患者さんのお力になりたいという強い想いで、運営を続けております。
     平成30年9月より稼働しているDSA棟はバイプレーンの血管造影装置とIVR CT(心血管造影にも対応)の2台体制であり、複数の心臓カテーテル検査、 治療を同時行うことができるため、循環器救急により柔軟に対応することが可能となっております。Canonの最新鋭の血管造影装置(Alphenix)を導入しており、 身体に優しく質の高い治療が提供できます。また、経皮的冠動脈インターベンションに以前より力を入れてきましたが、昨年よりロータブレーターを導入し、バルーンで 拡張困難な石灰化病変にも対応できるようになりました。


  • 不整脈に対するカテーテルアブレーション治療
  •  岡山大学病院から不整脈専門医を派遣いただき、カテーテルアブレーションを開始しています。心不全や脳梗塞の原因となる心房細動の加療に力を入れております。 術後は不整脈外来にてきめ細やかな治療を継続いたします。


  • 24時間365日、夜間・休日の紹介にも
  • 循環器内科の医師がいつでも対応できるような体制を整えております。
    心不全、急性冠症候群、不整脈などの緊急疾患や心臓病や血管病の急患発生時にはご連絡ください。いつでも対応いたします。






診療実績

2018年11月よりアブレーション治療を開始


2014年から心大血管リハビリを開始
2019年度より外来での心大血管リハビリに重点を置いて実施している。



外来のご案内

診察表はこちらをご覧ください。



医師紹介
梶谷 昌史
鈴木 秀行
發知 淳子
松尾 直朗


このページのトップへもどる