住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



看護部

HOME > 看護部 > 看護部の理念

看護部

看護部の理念

『私たちは患者さんの治癒力を
              最大限に引き出す看護を提供します』

看護部長からのメッセージ

看護部長  守屋 昭子 


平成29年9月1日看護部長に就任いたしました守屋です。
当院看護部のホームページをご覧いただきありがとうございます。


 住友別子病院は、明治16年に開設され幾度かの病院建て替えを経て今日に至っています。 そして、平成30年3月に新病院のグランドオープンにより、また新たな歴史が始まろうとしています。 これまで諸先輩方が培ってこられた病院の歴史と、地域における信頼を引き継ぎ『信頼される質の高い医療と福祉を提供し地域社会に貢献します』 という法人理念のもと看護部一丸となって努力していきたいと考えています。

 当院の看護部では「患者様の治癒力を最大限に引き出す看護の提供」が実現できるよう、日々、看護に取り組んでいます。 その実現には、一人ひとりの患者・家族の思いに耳を傾け、心に寄り添える思いやりのある看護の提供が必要です。 そして、患者・家族に一番近い存在である私たち看護師は、その思いを多職種に伝え、 チーム連携による安心・安全な医療・看護が提供できるコーディネート役が果たせるよう成長しなくてはなりません。 その為には人材育成は不可欠と考えています。その一つの手段である教育体制を見直し、 平成28年度より当院のクリニカルラダーシステムを再構築し、新人研修をはじめ各ラダーに合わせた研修の充実を図り、 認定看護師など資格取得の育成も推進しています。



看護部近況報告
  •  平成29年7月に、新たな管理師長2名が加わり、9月から新体制の看護部がスタート致しました。
  •  患者さんやご家族に満足頂ける看護が提供できる為に必要なことは、看護職員一人ひとりが心身ともに健康であり、 やりがいを感じながら笑顔で仕事ができることです。その為に、看護部は部署の声に耳を傾けながら一人でも多くの 看護職員のやりがいや笑顔を引き出せるよう取組み、部署と看護部が一丸となった病院経営への参画を目指しています。
  •  また、今、大切に思うのはワークライフバランスの推進です。 働き方改革・意識改革が求められている中、これからのライフスタイルの充実には不可欠と考えます。 一人ひとりのワークライフバランスを大切にできる職場環境を目指し、時間外削減に向けた業務改善にも積極的に取り組んでいます。 また、時短勤務は育児休暇だけでなく介護などにも適応できるようになりました。 そして、子育て世代には待ちに待った保育所が併設され10月から開園となり、育児休暇後の復帰がしやすい環境が整いました。
  •  最後に、めまぐるしく変化していく医療界では柔軟な対応力、へこたれない力(レジリエンス)を身つけることが求められています。 医療から介護、病院から施設・地域へと患者さんの生活の場が変化してきている中で、病院の看護師が地域に出向き、 病院とは異なった環境の中でも看護力が活かせる人材づくりにも取り組んでいきたいと思っています。

2020年度 看護部目標

1.「看護力」アップを目指し、質の高い看護を提供する

  •  1. 一人ひとりの「看護力アップ」を目指し育成に取り組む
  •   1) クリニカルラダーの「看護」に着目した個人目標を設定する
  •   2) 各ラダー教育内容の見直し実践する
  •   3) コンピテンシーを発揮させ現場の「看護力アップ」を図る
  •  2. 働きやすい職場環境づくりを推進する
  •   1) 「気づき」が表出できる職場づくり
  •   2) ハラスメント防止の取り組み
  •  3. 部署における災害に対応できる看護体制を確立する
  •   1) 部署毎に災害時における役割行動の明確化を図る
  •   2) 個人でできる自助・共助の推進

2.看護部内の連携強化による外来患者数と入院・入所患者数の予算達成を目指す

  •  1. 一日病床稼働率90%以上を目指す
  •  2. 病棟・外来運営への柔軟な対応を展開する
  •   1) 救急搬送2000件達成を目指すと共に、各種加算取得に向け積極的に取り組む
  •   2) 病棟編成に向けた看護体制を進める
  •   3) マルチタスクナース育成と病棟・外来における連携を強化する
  •  3. 法人内看護部の連携を確立させる
  •   1) 病院と老健合同の看護部運営の確立に取り組む

3.業務のスリム化・効率化の促進と連携強化の推進

  •  1. PNとセル看護の共存による効率化と看護力強化に取り組む
  •  2. 外来環境の効率化を推進する
  •  3. ケアアシスタントの自立と事務業務を確立させる
  •  4. 看護部委員会運営を見直し業務削減・効率化を推進する



このページのトップへもどる