住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



臨床検査部

HOME > 臨床検査部 > 病理・細胞診検査

臨床検査部

病理・細胞診検査

病理細胞診検査は、患者さんから採取された組織・臓器・細胞検体から顕微鏡標本を作成し、ミクロレベルで病理診断を行います。臨床検査技師は病理診断を専門に行う病理医と密接な協力関係を保ちながら以下ような業務を行っています。

組織検査

生検組織検体や手術切除の臓器材料から病理組織標本を作製し、病理医による診断が行われています。

手術中における迅速病理診断なども行っています。

また免疫組織化学においては、迅速で正確な診断結果が出るように、機器や試薬を導入しております。

細胞検査

細胞検体中に悪性細胞が出現しているか否かを検査します。鏡検は細胞検査を専門に行う細胞検査士によってスクリーニングされ、最終的に病理医による診断が行われています。

当院では3名の細胞検査士がおり、細胞検査を実施しています。

病理解剖

不幸にして亡くなられた患者さんのご遺族の承諾を得て解剖させていただき最後の診断を決定しています。

死因の究明、治療の反省、治療効果の確認などを目的として行われます。

摘出された臓器は固定後、組織標本を作製して組織診断を行います。


以上ように独自の技術体系が存在しますが、病理細胞診検査技術は自動化の要素が少なく、個人の技量と経験に負う部分が大であることも特徴といえます。

また検査の実施には解剖学、病理組織学、細胞形態学など幅広い知識が求められるために、常に技術の研鑚と共に専門的な知識の習得に努めています。

日本病理学会研修認定施設認定証
日本臨床細胞学会施設認定証




このページのトップへもどる