住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



放射線部

HOME > 放射線部 > dsa

放射線部

高性能 全身血管撮影装置

『キヤノンメディカル Alphenix (バイプレーンアンギオシステム)』


 当院では全身の診断・治療に対応する最新の血管撮影装置を導入いたしました。
 2つの撮像装置を搭載したバイプレーンというシステムで、一度に2方向(正面・側面)から撮影を行うことができます。 それにより立体的に血管走行を観察でき、短時間で高効率な診断・治療が可能です。 最新の画像処理技術により詳細な血管の形状・流れや3D画像を短時間で撮影・確認可能です。
 また、従来装置に比べ少ないX線量で撮影可能ですので、患者さんの医療被ばく低減にも貢献するシステムです。


キヤノンメディカル (Angio-CT システム)


 当院では最新の血管撮影装置と80列CT装置を組合せた「Angio-CT」システムを導入いたしました。
 血管撮影装置とCT装置を同室に設置することにより、術中の血管撮影室とCT室との移動が必要なくなり、 検査時間の短縮と患者さんの安全性向上を実現しました。 最新の画像処理技術により詳細な血管の形状・流れや3D画像を短時間で撮影・確認可能です。
 また、従来装置に比べ少ないX線量で撮影可能ですので、患者さんの医療被ばく低減にも貢献するシステムです。


脳神経外科

主に脳動脈瘤や脳腫瘍を診断する検査を行っています。



@ 脳血管を造影し連続撮影することで、血管の形や流れを見ることができます。 (: 動脈瘤)

A 3D画像により動脈瘤()の形や大きさを詳しく見ることができます。

B 3D画像により腫瘍()に関係する血管を詳しく見ることができます。

C CTのような断層画像から、腫瘍()の位置関係を見ることもできます。

循環器内科

主に冠動脈疾患の診断・治療、ペースメーカー留置を行っています。



@ 心血管を造影し連続撮影することで、血管の形や流れを見ることができます。 (: 狭窄部)

A 心内腔を造影()し連続撮影することで、心臓の動きを見ることができます。

B ペースメーカー()留置後の画像です。

C 3D画像により血管狭窄部()の形や長さを詳しく見ることができます。


放射線IVR科

主に肝腫瘍や透析用シャント血管の診断・治療を行っています。



@ 肝血管を造影し連続撮影することで、腫瘍を濃染させて見ることができます。(: 腫瘍)

A 3D画像により腫瘍()に関係する血管を詳しく見ることができます。

B CTのような断層画像から、腫瘍(↑↓)の位置関係を詳しく見ることができます。

C 透析用シャント血管を造影し連続撮影することで、血管の形や流れを見ることができます。(: 狭窄部)




このページのトップへもどる