住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



放射線部

放射線部

核医学検査(RI検査)

『ガンマカメラ キヤノンメディカル Symbia E』

核医学検査とは?

放射性医薬品(放射性同位元素を含んだ薬)を注射(1〜3ml)や飲用(カプセル)することで、目的の臓器、部位に取り込まれ集積します。その薬剤から放出される放射線(γ, X線)をガンマカメラ(シンチカメラ)と呼ばれる装置で検出収集し、画像化およびデータ解析する検査です。

核医学検査の特徴

CT、MRIのような形態画像ではなく、血液の流れ、臓器や組織の機能代謝等を画像化およびデータ解析できることが特徴で、診断、治療方針決定に有用な情報を提供しています。

(全般)検査内容

ほとんどの検査は、ベット上で5〜60分程度、寝ているだけの検査です。ただし、注射後、すぐに撮像する検査と、注射後、数分後、数時間後、2、3日後または、7日後に撮像する検査もあります。検査部位により撮像回数、検査時間は異なりますので、予約時にスタッフが説明致します。

検査を受ける時の注意点

検査内容により、前処置、注意事項(検査を正確に実施するために必要な決まり事)があります。詳細は予約時にスタッフが説明致します。
尚、妊娠している方、可能性のある方、授乳中の方は原則として検査は行いません。事前にお申し出下さい。

身体への影響

検査で受ける放射線の量は、胸やお腹のX線写真撮影、CT検査と同等かそれ以下の線量(実効線量で0.2〜60mSv程度)ですので、放射線の影響は心配ありません。体内に入った薬も排尿や排便により体外へ出てしまい、体内に残ることはなく、薬自体も時間が経つにつれて減少していきます。また、周辺の人への影響もありません。特に、小児患者に対しては、学会ガイドラインに沿った適切投与量にて検査を実施しており、安心して検査を受けてもらえます。
副作用においても、検査10万件あたり2.5件と報告されています。



当院では、核医学専門技師が在籍しており、安全で質の高い核医学検査を実施しています。 質問等がございましたら、遠慮なくスタッフにお申し出下さい。



骨シンチグラフィー

核医学検査で最も多く行われる検査です。骨病変の存在を鋭敏に検出できる検査のひとつで、特徴として1回の検査で全身骨を検索できます。対象疾患として、腫瘍、炎症、骨折、代謝性骨疾患などがあげられます。99mTc-HMDP(骨に集まる製剤)を740MBq注射し、その後、3時間以降に撮像します。検査時間は約30分です。


正常例


脳血流シンチグラフィー

頭部(脳組織)の血流量や血流分布を検査します。対象疾患として、脳血管障害、変性疾患(認知症)、脳血管予備能評価などがあげられます。123I-IMP(脳組織に集まる製剤)を148MBqまたは、99mTc-ECD(脳組織に集まる製剤)を400MBqを注射し、注射直後と15分後の2回撮像します。1回目は3分、2回目は20分程度の検査時間です。最近では、変性疾患におけるZ-score解析(標準脳と比較し、関心領域の血流低下部位をスコア化する)が増加しており診断精度向上に寄与しています。



負荷心筋シンチグラフィー

心筋の血流分布を画像化できる検査です。心臓の冠動脈血流量に比例して放射性医薬品が心筋に集積 することを利用して、心臓に負荷を掛けた状態(全力で走った時の様な感じ)と安静時の状態を比較し、心 筋虚血の診断を行います。対象疾患として、虚血性心疾患、心筋梗塞、心筋症、心筋生存能評価などが あげられます。201TlCl(主に血流豊富な臓器に集まる製剤 心臓の場合は心筋)を111MBqを注射し、15後 と3.5時間後の2回撮像します。1回の撮像時間は約20分です。





このページのトップへもどる