住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ




 王子苑

HOME > 王子苑
王子苑のご案内

施設長挨拶

 施設長  桑野 晴美


医療機関併設型小規模介護老人保健施設王子宛は、平成29年9月に開設された施設です。医療法人住友別子病院が管理、運営にあたっています。
王子苑は病院と自宅や老人ホームを含めた他の施設の中間に位置づけられる施設であり、
(1) 軽度の医療、リハビリテーション、介護などを提供
(2) 1日も早く家庭での生活に戻ることが出来るように支援
(3) 治療目的でなく、病状が安定している方(ただし要介護認定を受けた方)が対象
(4) ショートステイなどのサービスも提供し在宅ケアを支援
などが挙げられます。
入所後はリハビリなどで元気になり在宅復帰する方がいる一方で、利用者や家族の事情により他の施設に入所される方もおられます。 利用者一人一人を全人的に診させていただき、利用者はもちろんご家族と相談しながら療養のお手伝いをさせていただきます。
入所中はかかりつけの医療機関や併設の住友別子病院と協力しながら、身体症状出現時にはスムーズに治療がうけられるよう対応しています。
我が国は超高齢者社会に突入しています。高齢者が安心して地域で生活するために、 老人保健施設を含めた多様な施設の取り組みは今後ますます重要になってくると考えています。

王子苑スタッフ一同、多職種で協力しながら入所者の皆さんに質の高い介護サービスが提供できるよう頑張りますのでよろしくお願いします。




王子苑の行事
行事 内容
平成29年 10月 ハロウィン 仮装  クイズ  ゲーム
11月 運動会 玉いれ  バトンリレー  綱引き
12月 クリスマス会 クリスマスの飾りつけ  クリスマスソング合唱  クイズ  プレゼント渡し
クリスマスケーキ
平成30年 1月 新年会 正月雑学クイズ  福笑い  手品
2月 節分会 鬼のお面作成  豆まき  甘酒の提供
3月 ひなまつり ひな祭りクイズ  うれしいひな祭り合唱  ひなあられゲーム
菱餅型ゼリーの提供
4月 春レク リズム体操  ○×ゲーム  桜餅の提供
5月 こどもの日 輪投げゲーム  紙相撲
7月 七夕飾りの製作

■イベント中のひとコマ


リハビリの様子

スタッフからのごあいさつ

○看護師
私たちは、高齢者の生活を支えるために今まで培った専門的知識・技術を駆使し、健康管理に取組み「生活ニーズ」を重視した援助を心がけています。
看護の実践にあたり、介護職員と連携しながら介入していく必要性があります。 介護職員が同じ視点が持てるよう声かけしながらより良いケアの提供に向け、話合い実践しています。 入所者の皆様は、症状が落ち着いていても高齢であり急変する可能性を常に秘めています。 これまで、慢性疾患の悪化や薬の影響とみられる症状悪化が出現する事もありました。 「なんか変、いつもと様子が違う」という介護職員からの報告をうけ、症状を注意深く観察し緊急性の判断と対応を実施しています。
私たちは、高齢者の生活を支える専門職としての役割意識を持ち、入所者様の安全、安心のために、これからも努力して行きますので宜しくお願いいたします。


○介護福祉士
介護老人保健施設王子苑は今年の9月で一年を迎えます。 リハビリテーション(以下リハビリ)に重点をおいた施設として、これまでに66名の方が入所され、 50名の方が退所し(6月末時点)約6割の方が在宅復帰することができました。 王子苑では、日常生活の安定に向け、移動・移乗等を含む生活の動きもリハビリと捉え、自立(律)支援を行います。 また、リハビリスタッフの指導のもと休日にも、私たちができるリハビリを提供しております。 介護職はいつも入所者様の一番近くで援助させてもらっていますので、体調の変化にも注意し、気になる事は看護師に報告しています。
入所者様やご家族様のご希望である在宅復帰や新しい生活の場への移行や介護負担軽減の為、 医師、看護師、リハビリスタッフ、ケアマネジャー、支援相談員、介護職員等の専門職が共働して、一人一人に必要な自立(律)支援に向けたケアを考え、 話し合い、実施に繋げています。日々のかかわりの中で、入所者さんと向き合い共に頑張れるよう努力して参ります。
新しい生活環境では誰もが戸惑います。私たちは生活上の不安を少しでも和らげることができるよう傾聴し、 入所者様に寄り添い、人としての尊厳を重視した介助をこころがけています。 まだ、まだ、経験不足ですが一人一人に眼を向けることのできる介入を実践していきたいと思います。


○支援相談員
王子苑をご利用いただく時のご本人・ご家族のご相談を受ける窓口を担っております。 ご相談を受けてから入所まで、更には入所中のお困り事や退所に向けてのご相談にも対応させていただいています。 私が日々仕事をしていく中で大切にしていることは、ご本人・ご家族にとって最善の選択が出来るようにお手伝いをさせていただくということです。
また、わかりやすい説明、相談しやすい雰囲気や関係作りに努め、ご相談事には丁寧に耳を傾け、一緒に考えていきます。
地域の方々、医療機関や各居宅介護支援事業所の方々に「ぜひ利用したい」と言って頂けるような施設となるように、 気配り、心配りのできる支援相談員となれるよう努力していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。






このページのトップへもどる